2017,11,16

まちづくりセミナー 日本青年館に参加

「住民主体の地方自治の確立と議会の強化を図ろう」と題した清渓セミナー主催のセミナーで勉強してきました。
テーマは
①地域包括ケアを内包したコンパクトなまちづくり 高梁市川上診療所 菅原栄次所長 地域包括ケアは高齢者の」問題だけでなく「すべての地域住民の人生に継続的にかかわる医療ケアであり、」住民生活を支えるためには医療福祉サービスをその中心に据えなければならないーという視点から講演をされた。
②買い物困難者対策と地域活性化への道筋 流通経済研究所 折笠俊輔買い物難民という言葉もあるように高齢者は日々の買い物に困っているが実は買い物だけでなく銀行、役所。病院など共通の問題であることから多方面にわたる問題のため「地域協議会」などをつくって検討する方法を示された。
 二日目は政治学者の「福岡政行さん」の講演で地方議員のがんばりを期待するという方向の国政、全般のお話でした。
 最後は経済学者の「浜 矩子さん」切れ味の鋭い視点からグローバル時代は誰も一人では生きていけないまた誰も親分にはなれない時代である、ということは誰もが助け合うお互いに協力し合うことがしやすい時代なのだ。
また、トランプと安倍首相はどこが似ていてどこが違うのか、とか政府がすすめる働き方改革は「安上がりに効率的に人を使おうとしている」と批判を展開され、いろいろと興味深くお聞きしました。
 たくさん聞いた中で地方議会、地方議員は何をなすべきかしっかりと考え勉強し行動していかねば、と改めて感じました。




2017,11,10

「綾瀬のおもしろ七不思議」 紙芝居完成発表会

綾瀬を知る 綾瀬を好きになる 自分たちの住む町をよく知り好きにならなければよい町づくりなどできるはずが無いという信念のもと7年前に「ふるさとの宝カルタ」を市民の方たちの投稿によって製作。今回は高橋元さんの企画により綾瀬市の不思議を橘川芳恵さんの絵により製作。紙芝居として完成し発表を行いました。よい機会なのでふるさと環境市民の22年にわたる活動のふりかえりをパネル展示で見て頂き同時に橘川芳恵さんの作品展も行ないました。市の市民活動支援の補助をいただき、市役所7階のギャラリーも使えて3日間で700名余りの方にご覧いただきました。






2017,11,06

今日は歴史博士になりました

綾西小学校 環境出前講座「おもしろ博士大集合」で今日は歴史を担当。城山公園には「渋谷一族」が治めていた山城があったんだよ。目久尻川は50年前くらいまではこどもたちが遊んでウナギを捕る「もじり」をしかけたりしていたんだよ。川を渡御する神輿の神事もおこなわれていてね、ところが30年前位から川に薬品やごみがたくさんながされるようになってドブ川になってしまったんだよ。それから市民の人たちみんなで川をきれいにしようと活動をはじめていまは鮎が登ってくるくらいのきれいな川になりました。というようなお話をして写真や「もじり」のしかけを見てもらうと子供たちは素直に感動してくれます。ほかにもお日さま博士のソーラークッカーや草花博士のどんぐりの独楽など楽しみながら学習できました。






2017,11,04

恵美子のシャンソン大人気

恵美子愛を歌うと題し「花いちもんめ」の恒例のコンサートはいつものことながら満員御礼でチケットは即完売の人気。安藤たえことそっくりといわれるので私はとても嬉しいです。抱腹絶倒のトークと雰囲気のある美しい歌声で魅了されました。こうした場を提供できることの幸せを感じ、恵美子さんと、ピアノの岩間南平さんに心から感謝です。




2017,10,27

タウンニュースに意見広告出しました


2017,10,27

タウンニュースに意見広告をしました


2017,10,25

筑後市 「川とみずを守る運動」と、「ワークブックの活用による環境学習」かんきょう課山口課長


「かんきょう課」と、ひらがなの課名は子供たちにもわかりやすいようにとの意図だそうです。川と水を守る運動は主に農業用などの水路清掃で昭和55年から38回目となる事業。76行政区で1万1千人が参加するおおきな事業です。
 また、「ごみとわたしたちのくらしワークブック」は学校で活用してもらうために「先生方との話し合いやヒアリング」アンケートの実施さらにペットボトルのふたを集めてもらい、その費用で文具などを学校にプレゼントするなどの工夫をしています。地球環境保全のために子供の時からの環境学習がたいせつという言葉をお聞きしおおいに共感しました。教育委員会の現場としっかり連携をとっていることは本当に実質的で効果のあることだと思いました。

2017,10,24

熊本市 「福祉施設における災害発生時の対応について」各区対策部保健福祉班


危機管理防災室が全体の危機管理をおこなう。避難運営所の中に「福祉班」のコーナーもある。専門職のボランティアは500名ほどがいる。市内の福祉施設に「福祉避難所」として機能してもらう。運営マニュアルは先日の震災を経て改定作業をおこなっているところ。家族の中に障がいのある方がいる場合家族全員がその避難所に入所できるようにしたいが、スペース的な問題もあり検討しているとのこと。当市でも福祉避難所はまだまだ課題のあるところでいろいろと勉強になりました。


2017,10,23

10月23日~25日 九州に市民福祉常任委員会の視察研修に行ってきました


 23日 台風の影響で飛行機が飛ばなかったら?新幹線も止まったら?とぎりぎりまで気をもんでしまいました。羽田に向かう車のなかで「湾岸線が不通」の情報。途中で降りて横浜駅から電車に乗るか、しかし時間が間に合うかどうかというところ湾岸線の入口近くまで来たとたん「不通解除」の報。助かった!解除になったばかりなのでくるまが少なくスピードが出せました。なんと対向車線はまだ不通のままなので全く車が走っていないという珍しい景色をみました。飛行機もちゃんと飛んでくれて無事予定通りまずは、午後から大牟田市の研修です。
 23日 大牟田市「認知症になっても安心して暮らせる地域づくり」健康福祉推進室 池田室長事業名は認知症ケアコミュニティ推進事業 デンマークから認知症ケアのコーディネーターを招き話をきいたところから介護サービス事業者協議会をたちあげ5万全世帯にアンケートを実施。結果認知症の人を支える意識や仕組みが必要だと考える人が多かった。その後着々と事業をすすめ「ものわすれ相談員」の設置。小規模多機能サービスの拠点づくり25か所認知症コーディネーターの育成(専門家2年間費用10万円)地域交流施設45か所に職員を1名配置「こども民生委員」がパトロールなど鉄壁の仕組みができている。池田室長は平成12年介護保険ができたときから18年間従事されている。プロフェッショナルなお仕事だと感心しました。早速高齢介護課に資料をお渡しして研究して頂くようにおねがいしました。マスコットのじゃー坊




2017,10,16

いすずプラザと工場の見学

 議員全員が加入している「議員厚生会」では年に1回勉強会おしていますが今年は藤沢にあるいすずを見学しました。「いすずプラザ」が新しく建設され会社が歩んできた歴史や創業当時からのトラックやバスなど展示されています。工場ではオートメ化されたすばらしい工場でつぎつぎとトラックが生産される様子を拝見しました。ロボットのアームがウイーンと動いて間違いなくはめこまれていく部品やねじ。帽子の色でどの担当かすぐわかり、使用する道具が整然と並べられている景色などさすが、ものづくりの国、基幹産業として国の発展を支えてきた会社だと感心しました。プラザは誰でも見学ができるとのことです。