2017,12,19

相模原市 串川小学校6年生はみんな立派です

 6年生31人は温暖化防止のことをそれぞれにしっかりと勉強していて聞いてみると「絶滅危惧種」「酸性雨」「自然災害」などいろいろなことに答えてくれました。今日は「食べ物から環境を考えるーハンバーガーはどこからくるのかな?」というお話をしました。日本では手つかずで捨てられている食品が年間600万トンあるのですがそれはアフリカなど食料が無くて飢えている人たちを救うことができる数だということや、1キロの牛肉のために60tンの水が必要なので日本はアメリカやオーストラリアから輸入している牛肉には「見えない水」(バーチャルウオーター)がたくさん含まれているから肉だけでなく水も実は輸入しているんだよ、とか、日本の食料の自給率は39%しか無いけどどうしてかな?どうすればいいのかな?ハンバーガーのお肉はどこから?パンの原料の小麦粉はどこから?というお話をしました。全員のひとが感想を言ってくれてみんなちゃんと勉強しているなと感心しました。こどもたちに語りかけていくことはとても大事なことだと思っています。来年は保育園からも依頼があるので楽しみです。お日様のちからでできるポップコーンを喜んでくれるかな?

2017,12,17

オペラ!オペラ!綾瀬でオペラを!

 「綾瀬でオペラを!」も今回で3回目。昨年は「アイーダ」今年は「カバレリアルスツカーナ」と「道化師」少し短めな作品を上演。私は実行委員会のひとりとしてお手伝いをしました。いろいろ手作りの力も寄せ合ってということで友人の「手作り工房ひまわり」を運営されている0さんにおねがいし、出演者の農婦役の人たちのエプロンを縫って頂いたりKさんという男性には舞台の主役?となる教会のドアや木箱など大道具小道具を製作していただくなどしてご協力いただきました。教会のドアは「すばらしい出来だ」という事でお褒めを頂いたそうで、推薦した私もうれしかったです。「カバレリア」も「道化師」も裏切りや不倫、復讐の果ての殺人といった人間模様ですが、オーケストラの演奏による演技や合唱もすばらしく「オペラ」と聞くと「むずかしい」と感じる人が多いのは残念なことです。人間の弱さ、もろさ、そして強ささまざまな感動を覚えました。綾瀬にオペラを浸透させたいとがんばっている内村さんはじめ関係者のみなさんのご努力を讃えたいと思います。「文化」をつうじてのまちづくりは私のライフワークでもあります。
あーでももうちょっと時間があったらもっとチケットいろいろな方にお願いできたのに。物理的な時間が私には不足していました。残念!




2017,12,16

「ミッキー吉田」恒例のクリスマスコンサート

「花いちもんめ」は良質で安くアットホームなコンサートを地域のみなさまに年間5回くらい提供し続けていますが中でも人気なミッキー吉田さん、今年もパワフルで甘い声とかっこいいバンド演奏を聞かせてくれました。しかし実はこの日は死にそうに忙しい日でした。2件の方の市民相談と明日に控えたオペラの打ち合わせ、チケット集約ミッキーのコンサートの準備などなど、、、、。へとへとになってコンサートを迎えましたがやっぱりバンドはすばらしい!元気100倍になり、参加のみなさんの笑顔に癒されました。みんなが笑顔になれる場所や場面をたくさんつくっていきたいです。
ミッキーと、バンドのみなさんありがとう!また、来てね。




2017,12,14

7年目のレモン

 庭に植えたレモンの樹に何年たっても実がなる気配がなく樹高ばかり3メートルほどになるのに、、、、となんと今年はじめて4個の実を発見!緑色のときは目立たなかったのですが黄色く色づいてきたのでわかりました。市販のものより皮がカチカチで中身はどうかな?と思いましたがみずみずしく酸味のなかにも甘さがありおいしかったです。
あきらめず見守ってよかった。


2017,12,02

目久尻川ふれあいウオーク

恒例のウオーク今年は222名のご参加で過去最高でした。寒川神社をスタートし、海老名の北部公園までおおよそ18キロを歩きながら目久尻川を楽しみウオッチしていただきました。私たちは歩く人たちにリンゴやあめをふるまったりお話をして交流を深めました。ベビーカーに子供さんを乗せてファミリーで参加した方、80歳で愛犬とともに歩いた方千葉から参加したカップル、もう、6回も参加してますと言って下さった方、すばらしい好天で気持ち良くウオーキング。笑顔もたくさんいただきました。また、来年どうぞよろしく。




2017,11,26

「リバラル」バンザイ!

私は綾瀬市サッカー協会の会長をおおせつかっているのですが、社会人サッカーのチーム「リバラル」は会長の渡辺さんのお人柄によりチームの結束力がすごいです。しかも若い人たちがどんどん加入してメンバーが活性化しています。そのリバラルが綾瀬リーグで優勝し郡市チャンピオンシップで準優勝の快挙!祝賀会兼忘年会にお招きいただきみんなで祝杯をあげました。記念につくったTシャツをいただきました。うれしいですね。ありがとうリバラル。ますますがんばってください!


2017,11,25

あやせ環境展

市役所1階でおこなわれた環境展。事前に綾西小学校などのちらしを配り、来てくれた人には「エコビーズさしあげます」と宣伝したことがよかったらしく子供たちがたくさん見に来てくれましたホタル保存会や企業なども参加して地球の環境問題や身近な生物、リユースやリサイクルなど考える機会になってくれたかな?




2017,11,20

あやせ産業まつり

昨日の雨もどこへやら。晴天のもと産業まつりがにぎやかに開催されました。
農協 商工会 建設組合 社会福祉協議会 などなどが集合してお店や催しが一堂に会しました。中でも建設組合のご協力による建設機械の展示と試乗?に子供たちは大喜び。クレーン車やショベルドーザーは憧れですよね。綾瀬市内の実業の皆さんが一堂に会してこうしたお祭りができるのも準備やかたづけまで担ってくださった実行委員のおかげです。たくさん買い物もできて満足のひとときでした。




2017,11,16

まちづくりセミナー 日本青年館に参加

「住民主体の地方自治の確立と議会の強化を図ろう」と題した清渓セミナー主催のセミナーで勉強してきました。
テーマは
①地域包括ケアを内包したコンパクトなまちづくり 高梁市川上診療所 菅原栄次所長 地域包括ケアは高齢者の」問題だけでなく「すべての地域住民の人生に継続的にかかわる医療ケアであり、」住民生活を支えるためには医療福祉サービスをその中心に据えなければならないーという視点から講演をされた。
②買い物困難者対策と地域活性化への道筋 流通経済研究所 折笠俊輔買い物難民という言葉もあるように高齢者は日々の買い物に困っているが実は買い物だけでなく銀行、役所。病院など共通の問題であることから多方面にわたる問題のため「地域協議会」などをつくって検討する方法を示された。
 二日目は政治学者の「福岡政行さん」の講演で地方議員のがんばりを期待するという方向の国政、全般のお話でした。
 最後は経済学者の「浜 矩子さん」切れ味の鋭い視点からグローバル時代は誰も一人では生きていけないまた誰も親分にはなれない時代である、ということは誰もが助け合うお互いに協力し合うことがしやすい時代なのだ。
また、トランプと安倍首相はどこが似ていてどこが違うのか、とか政府がすすめる働き方改革は「安上がりに効率的に人を使おうとしている」と批判を展開され、いろいろと興味深くお聞きしました。
 たくさん聞いた中で地方議会、地方議員は何をなすべきかしっかりと考え勉強し行動していかねば、と改めて感じました。




2017,11,10

「綾瀬のおもしろ七不思議」 紙芝居完成発表会

綾瀬を知る 綾瀬を好きになる 自分たちの住む町をよく知り好きにならなければよい町づくりなどできるはずが無いという信念のもと7年前に「ふるさとの宝カルタ」を市民の方たちの投稿によって製作。今回は高橋元さんの企画により綾瀬市の不思議を橘川芳恵さんの絵により製作。紙芝居として完成し発表を行いました。よい機会なのでふるさと環境市民の22年にわたる活動のふりかえりをパネル展示で見て頂き同時に橘川芳恵さんの作品展も行ないました。市の市民活動支援の補助をいただき、市役所7階のギャラリーも使えて3日間で700名余りの方にご覧いただきました。