2019,06,17

一般質問

 ①多文化共生のまちづくりをめざすために
  「外国籍市民の活躍に向けての実態調査」アンケートから何を分析し今後につなげるか
  国際化のすべてがわかる一覧表をつくり庁内、市民に示さないか
  国際懇話会を設置しないか
  学校における国際教室のありかたについて ほか
 ②青少年のひきこもりについて
   現状と今後の対策について
   県青少年センターとの連携について
 ③スポーツ公園の駐車場について

 多文化共生については今後5年間で最大34万人を超す外国人労働者を受け入れる法律が施行され政府は「移民政策ではない」と主張するものの「事実上の移民である」というのがおおかたの見方である。大東文化大学の川村ちず子、小泉こういち両教授によれば「わたしたちは移民や難民とともに生きている、{中略)彼らは生活者であり隣人であり友人であり時には身内である」と言っています。綾瀬市で災害があったら助けてくれるのは外国の若者かもしれません。息子さんや娘さんが外国人と結婚することもあるでしょう。これからはある種の混乱、ある種の無秩序性を受け入れていく覚悟も必要だと思います。これからは一方的に「外国人を支援する」という考え方ではなく互いの多様性を認めつつともに何かを創り上げていく共生でなく共創の時代だともいえます。市長からは「社会統合」による多文化共生の推進が必要だという考えが示されました。多文化共生は様々な文化を尊重しながらも「郷に入らば郷に従え」というような限りなく日本人の心に寄り添って頂くことをもとめていくものです。そのためには日本語の習得が最も大切である。そのための」施策事業を推進するという考えがしめされました。
 子供たちの教育の問題など問題課題は山積しています。継続してこの問題に取り組んでいきます。


2019,06,15

花とみどりのガーデニング講座を「ふるさと環境市民」で主催しました。


 花と緑のまちづくりはふるさと環境市民の大きな目標のひとつです。「鬼環(おにわ)塾」代表の鬼塚さんのご指導で観葉植物の寄せ植えをしました。また、植物は人の心が読める、とか不思議な力もあるとのこと。あなどれません。3年間続けた「まちかどガーデンコンテスト」のことから私にコンタクトをとってくれた鬼塚さんは花だけでなく樹木にも詳しくていろいろなお話がとても興味深かったです。また次回を企画したいものです。






2019,06,13

丁寧なヒアリング

 一般質問に向けてのヒアリング3回目。担当の職員と意見をかわしながらこちらの聞こうとする趣旨をしっかりと理解してもらい今取り組んでいる職員がかかえている問題点や今後の方向性など細かいことまで聞きながら施策や事業のなかみについて話し合えるとてもいい機会です。ヒアリングをし過ぎると本会議の部長答弁がセレモニーになってしまわないかという心配もないことはないのですがそれ以上に自分の仕事のために独自に勉強したり考えている職員と熱意のある議論をができることは楽しい作業でもあります。こちらが行う提案も荒唐無稽な現実離れしたものにしないためにも大事だし一方理想と思える提案を現実の事業に生かしてもらうことも必要です。いろいろと勉強している職員には「こちらも負けずに勉強して対峙するぞ」という意欲もかきたてられます。行政と議会はともに力をあわせてまちづくりをしているんだよね、と実感するひとときでもあります。いっしょにがんばろー!

2019,06,10

総務教育常任委員会 委員長就任

 委員会の議論を活発にして委員のひとりひとりがしっかりと責務を果たしていくことが私の願いです。そういうことで張り切っていましたがなんと!6月議会は当委員会が所管する議案が無い、という誠にめずらしい事態となり長副委員長の就任あいさつのみで終了となりました。おっとっとー ま、仕方ないか。

2019,06,07

綾西小学校でホタル博士の出前講座

 3年生のみんなとホタル博士のお話を聞いた後ほたる保存会の青木さんが採集してくれた仏どじょうや植物を観察し「綾瀬市を知るクイズ」や海の生き物を困らせているマイクロプラスチックのおはなしなどを勉強しました。ホタルを見たことがある人がいっぱいいたのでびっくりしました。今年はホタルがよく飛んでいます。綾瀬のホタルは天然純粋種ですからそういう意味でもめずらしいんですよ。みんな、また会いましょう!ハイタッチ。






2019,06,06

若者サポートステーションの高橋さんを訪問

 厚木のアミュー7階にあるサポートステーションは不登校やひきこもりの若者の相談や就労のてつだい、パソコンやコミュニケーションのとりかたなどたくさんのプログラムによって若者を支援するところです。代表の高橋さんとお話しました。引きこもりから脱出して働くようになった人も数多くあるとのこと。何より自分を自分らしく生きる機会を見つけてほしい、楽しいこともいっぱいあるはず。引きこもりの人たちの状態改善のために保護者の意識改革はとても有効とのこと。保護者対象のセミナーをすすめられました。ぜひ、この件を一般質問もするなかで綾瀬市でできることをしっかりやれるようにつながていきたいです。

2019,06,04

おしらせ

▶6月22日(土)
高瀬啓伍のびっくりピアノコンサート 花いちもんめ




▶6月24日(月)
暮らしの足を考える勉強会 「菊名おでかけバス」の方をお招きして。 
綾西いこいの家 10時から。

2019,06,03

本会議がはじまりました。

 新人の人たちには初めての本会議。ふと自分の新人のときのことを思い出しました。私が1期生の時は新人が10人もいて年齢も40代なkごろから50代前半くらいでそろっていたのあでとても心強かったです。会派を超えてみんなで沼津へごみの新処理施設を見学したり「美の条例」という新しい都市計画の考え方を示した真鶴町に話を聞きに行ったり毎日のように喧々諤々と意見を戦わせたりしていました。遠い所にあると思っていた政治というものが近くにあって「自分たちで何か変えていけるんだ」という気概を互いに感じていました。今も気持ちは少しも変わりませんが年はとったんですねー。24年前のことですから。

2019,05,29

講座「恐怖のマイクロプラスチック」市役所1階J1-1にて開催


 ふるさと環境市民の主催、環境保全課共催で講座を開きました。2050年には海の魚よりも海中を漂うプラスチックの方が多くなるといわれています。海岸にうちあげられたくじらのお腹からレジ袋など大量のプラスチックが発見されたりウミガメの鼻にストローが詰まってしまったりいつの間に海はこんなひどいことになってしまっていたのでしょうか?便利できれいなプラスチックはもう、人類の生活からなくせないものになってしまったのでしょうか?少しでも気づいて少しでも手を打っていかなければという焦燥にかられます。




2019,05,27

議会運営委員会。あと1週間で6月本会議がはじまります。


 「あやせ未来会議」の代表になったので議会運営委員会に出席。本会議に提案される議案や日程について確認しました。
 同日 午後 城山中学にて中国人の女生徒の日本語指導について関係者と協議日本で生まれてその後中国で育ち1年半くらい前に再来日した2年生の女の子。
 通訳をしている方からの依頼で日本語を教えてもらいたいとの依頼がありました。ひき受けてくださる方と学校内での指導を許可してくださった先生方と女生徒とその保護者、通訳者など関係の方々との顔合わせをしました。英語と数学の得意な元気な女の子で来週月曜日から毎週勉強することとなり日本語の習得に力添えができました。各学校に外国につながる多くの生徒や児童がいてたくさんの支援が必要とされているはずです。教育の現場でどのように支援がしていけるかこれからの仕組みづくりが急務であり重要です。
 誰もがともに生きる社会にしていかねばなりません。