2019,04,14

はじまりました!

 たくさんの人が来てくれて感激です。がんばります!






2019,04,13

綾西地区社協総会

 大変活発に活動している綾西の地区社協の総会に参加しました。市長の挨拶で「綾瀬の奇跡」という言葉があり、それは高齢化率が高いのに介護や医療の費用が安い綾瀬市は「奇跡」だということです。しかもその綾瀬の中の綾西のことだというのです。へー!とみんなびっくり。綾西の人たちは「多様性自発型」人間と認定されていてとても積極的に自己啓発やボランティアをしている人が多いのです。その人たちをモデルにして他地区でもそのような試みをしていこうと今年度の予算にも組み込まれたくらいです。すごいでしょう。「綾瀬の奇跡」と言ってくれたのは神奈川県知事の黒岩さんです。つまり県下でもトップクラスのひとたちだってことですよね。すごいでしょう。

同日 明日からの準備
 何人もお手伝いに来てくださり明日の準備が着々と。ありがたいことです。




2019,04,10

かなりバタバタになってきました。

 14日からはじまる決戦にむけて、事務所になる家の中は片づけなくてはならず、いろいろな準備もしなければならずパニックになりそうな毎日です。

2019,04,08

小学校入学式

 みんな静かに先生のお話が聞けて立派でしたね。「学校は楽しい所だよ、明日から元気で来てね」と校長先生がお話すると「はーい」と元気にお返事できました。

2019,04,05

中学校入学式

 先月小学校を卒業したばかりの子供たちですが緊張した様子の顔つきも凛々しくほんの少しの間におとなになりました。

2019,04,03

花いちもんめに学研教室の開講

 水曜日と金曜日に花いちもんめのお店を使って学研の学習教室が開講しました。そろばん教室や英語のクラスに続いてさらに元気な子供たちが出入りしてくれて活気があります。また、地域になくてはならない存在にもなります。中高年の方たちの歌体操や短歌の教室、コンサートや名画の会などなどで花いちもんめは笑顔の集まる楽しいところです。

2019,04,01

元号で大騒ぎですが、、、。エイプリルフールでもありました。


 どのテレビを見ても元号の話題で大変な騒ぎでした。号外を求めて乱闘?にもなるってちょっとどうなんでしょう。少し前には元号が本当に必要か、という論争もあったように記憶していたけれど、それはどうかなってしまったのかまた、外務大臣が省庁の書類は西暦で表記すると言ったら菅さんが「そんなことは聞いてない」と怒ったとか、、、。外国を相手にする省でそれは当たり前だと思うのですが。この元号になること、又、こんな大騒ぎになることは何かの思惑がはたらいているのかなあと邪推してしまいました。
 とはいえ今日はエイプリルフールだれかをだましてあげようと思っていて「今日ね、綾瀬にキムタクがロケに来て握手してもらったんだー」と友人に話してみごとひっかかってくれました。やったー。

同日 来年度の企画で市民オペラ「魔法の笛」をすることになり、第1回の準備会がスタート。
 もうすぐ決戦の日が近い私としてはやらなきゃいけないことが山積み。でも今話し合っておかなければ間に合わないことばかり。気持ちがあっちへいったりこっちへいったり。なにはともあれ綾瀬市を芸術文化で活性化したいというのはわたしのライフワークですからいろいろと思いはあるけどどっちもがんばるぞー。


2019,03,30

今日も選管そして焼きそば200食

 選管での書類審査が終わったー!ばんざーい。親切に対応してくださった職員の方々ありがとうございました。40日間余休めないそうです。大変です。綾西バザールの桜まつり。珍しく桜が最高の咲き具合で盛り上がりました。定番の花いちもんめの焼きそば200食。今回特に春キャベツをたっぷり使ったおいしーい!焼きそばです。次から次へと長蛇の列であっという間に完売。今までで最高の人出でした。疲れたー。

2019,03,28

「みんなの足プロジェクト」話し合い

 お出かけのための足「暮らしの足」のシステムづくりや情報交換のために2回目の会合です。お隣の吉岡地区といっしょに相談させて頂く場は「みんなの足プロジェクト」と名付けています。先ごろ買い物のための運行を実験的にやられたのでそのお話を聞いたり私からは地域のシステムがうまくいったらコミバスをやめてその費用も含めて市と話し合うことができるという市長の意見を確認できたのでその報告をしたり、メイプルさんや道志会さんの車の活用がうまくいきそうだということなどもおはなししました。
 まずは綾西でも試験運行をしてみたいという気運が高まってきた?ように感じました。バラの時期に光綾公園を見て保健福祉プラザに行ってみるっていうのはどうかな?提案してみようー。

同日 日本語教室の悩み
 ベトナム人が15人くらいいるというある会社の社長さんから依頼されて日本語教室の開講を7人くらいの先生で運営して頂けるようにお願いしましたが何か月かたってみるとあまり勉強意欲の無い生徒さんもいるようなので先日事情を通訳してくれる方に聞いてもらいました。すると「会社でもベトナム語。寮に帰ってもベトナム語で少しも困らない、日本語の勉強の必要がない、からやる気がない」ということらしい。「日本語を習得すれば国に帰った時いい仕事につけるかも」というと「農家だから必要ない」と。社長さんは「せっかく日本に来ているのだから少しでも覚えてほしい。一番下の資格試験でもうかれば給料に反映する」と鼓舞しておられてすばらしい経営者のかただなと尊敬するほどですが、なかなかうまくいかないものです。しかし、まずは興味を持ってもらおうと、アニメや漫画なども取り入れて授業内容の見直しからおこなっていきましょう、ということにしました。共生共存していくためにまずは「ことば」を身につけてもらおう、と思ってきましたがいろいろな葛藤を感じさせられます。

2019,03,21

選挙管理委員会に書類提出の第1回相談

 選挙に出ようと思ったら提出書類の多さと煩雑さに圧倒されます。特にポスター作製は公費で賄って頂けるのでありがたいのですがそのために書く書類が一体何種類あるのか。はじめてその書類を見たときにおは3日間くらいかんがえこみました。(冗談でなく)チャンと書いたつもりでも印鑑が抜けていたり日付がまちがっていたり、、、、、。何回選管にくることになるのかなあ、、、?