2023,01,21

宮ノマエストロはすてきなところ

高橋裕子さんが主宰する宮ノマエストロは多世代が交流できるそして誰でもがここに来ればマエストロになれる地域の人々がつながり音楽を奏でるようにひとのつながりがつむがれていくところです。ちなみにマエストロとはイタリア語で「指揮者」「達人」といういみがあり、高齢者は「人生の達人」赤ちゃんは癒しの「名人」ということで誰しもが主役になれるところです。
 横浜市役所の「まち普請事業」500万円の補助を受けヤヌスさんの好意もあって立派な建物ができました。子ども食堂や認知症カフェなどさまざまな地域のつながりをつくりだしています。高橋さんのすばらしい行動力には脱帽。ボランティアでお食事をつくってくださるこれがまたなんとも栄養たっぷりでおいしい!ぜひマエストロを訪れてみてください。
横浜市泉区中田東4-59-41 045-854-0246








2023,01,19

主任児童委員の方たちとの勉強会

日頃から地域で子供たちの問題にたちむかっておられる児童委員のかたたちと意見交換をおこないました。AIFAあやせ国際友好協会としての外国のこどもたちの現状や課題、地域や学校での様子。今後の課題などいろいろと情報交換ができもっと早くこうした話し合いの場をもてばよかった、と思いました。

2023,01,16

小田原市片浦町を視察

お買い物バスを運行している片浦のまちのご様子を研修しました。なるほど買い物の場所はかなり遠く車は個人の方のくるまで予約制家から家まで送迎されています。運転手の女性の方のお話も聞けて参考になりました。




2023,01,14

バラの専門家有島先生をお招きして

昨年からの協働事業の今年最後のイベントはバラの専門家有島先生をお招きして「バラをもっと楽しみましょう!」35人の生徒さんとともに「バラは鉢植えでいい」とおはなししてくださる先生に勇気づけられて講座を終えました。




2023,01,05

新年が明けました

昨年暮れから自律神経失調症なるものに見舞われめまいがたびたび起きてどうやら過労がたたっているらしくなんとなくぐずぐずとした新年です。あれもこれもやらなくてはならないことばかりですがそう思うこと自体がよくないらしいです。様子を見ながら少しづつすすめることにしましょう。

2022,12,27

年忘れミニコンサート

 ブギウギピアノで活躍中の高瀬啓吾さんをむかえてミニコンサートを開き私の近況報告もおこないました。ピアノ演奏にはみんなうっとりと聞き惚れて年末の忙しい日々をほんの少し癒して頂きました。高瀬さんの演奏は聞くたびに心が洗われたり、ワクワクして楽しんだり変幻自在のおもしろさです。彼によると来年からの朝ドラはブギウギがテーマになるとか。ブギウギの年になりそうです。
楽しみで-す!




2022,12,23

12月のある日

 冬は雲や空が本当に美しい。車で走っていてもつい見とれてしまう事があります。つかの間の風景が強く心に残ってすがすがしい気持ちになります。






2022,12,20

保育士の虐待?

 連日週刊誌やテレビで保育園の保育士が園児を虐待して「鬼婆」と言われたりしている。子どもに暴力をふるうなどあってはならないことだ。しかしこの現実を皆知るべきだと思う。国の「配置基準」というものがあって1歳児の子供6人をたったひとりの保育士がみることになっている。1歳児の子供はっどういう存在かといえばどこへでも歩いて行ってしまう、目を話せば何をするかわからない、話してきかせられるものでもない、6人が好き勝手にちょびちょびしているものを一人でみるなど基本的に不可能です。たったひとりの子供でも見切れなくてイライラしたりノイローゼになるような母親もあるくらいです。ドイツやイギリスでは二人から3人を一人の保育士がみています。又収入の面でも日本は他国と比べて低く休みがとりにくいなどその処遇はあまりにもひどい状況です。
 それは介護士さんや看護師さんでも似たようなことがあり、私たちは6人の議員でい国に対する意見書を提出しました。しかし自民党と公明党の反対で意見書は否決されてしまいました。主な理由は「国がすでにとりくんでいるから」というものです。だとしてもそれではまだまだ不足しているからこそ意見をあげていかねばならないのに。
市民の皆さんはどうおもわれるでしょうか?残念です。

2022,12,16

いつものキムチづくりは綾瀬国際友好協会の主催です


 南部ふれあい会館でいつものキムチづくりの先生をしました。
白菜のキムチと韓国春雨のいためものです。いつもながらキムチのたれには実に多くの食材が入って発酵食品の王様と言われるゆえんです。その中のアミの塩辛が注文した箱の中に入っていなかったことが前日の朝にわかり、おおあわて。どこでも買えるものではないのでたいそう焦りましたが業者が機転をきかせて送ってくれて助かりました。
無事皆さんに喜んでもらえました。






2022,12,15

立候補に向けた写真撮影

 来春の統一地方選挙に向けた新聞社の要請による顔写真の撮影がありました。1か月前までは大いに迷っていたのですがここで決意を固めました。そろそろお役御免にしてもらってのんびり船旅でも主人としようか、などと思っていたりしたのですがとんでもない、そのような個人的な楽しみに浸っている場合ではない、私が市民の皆さんの思いやご意見をしっかりと届けていかなければだれが代わってくれるでしょうか?一般質問もまだまだやらなくてはならないことが山積しています。地域でも市のためにも私でなければ提言できないことがたくさんあります。足腰をさすりながらでも気合を入れてがんばらなくては!と思う日でした。